鰕野まこの日常

家族の日常やYouTube活動の情報発信

はたち=二十歳=

二十歳 =大人を始める君へ=

そっか…もうハタチなんだ!

あぁ…やっとハタチか!

 

その両方が一度に訪れる大きな節目。

それが子どもの20歳のお誕生日かなと思います。

 

うちもそんな日を迎えました。

 

成人式前撮りの日のひとコマ

 

壬午の午年の彼は、

・同級生が少ない上に、女の子がさらに少ない(←女子は地域的に偏った💦)

・彼らの代から学習指導要領の変更が相次ぎ、担当教師が毎度不慣れ

・受験方式の変更相次ぐ変更初年度勢で受験対策混乱

・卒業式・入学式・文化祭・修学旅行等々、楽しみたかった青春をコロナで喪失

・就活方法がオンライン化かと思いきや途中から対面復活で複雑

・成年が18歳に引き下げで成人式どうする問題勃発

 

なかなか大変な時代の渦中で大人になるこの子

忍耐強さは、きっと他の干支の子たちには負けないだろうなと思います。

そしてこの辛い時代を生き抜いた経験は、他者への優しさにつながるだろうな…

そんな風に感じる世代です。

 

振り返り

ちょっと大きめの元気な男の子として産まれました!

夜泣きをしない子で、昼間しっかり食べて遊んで夜はぐっすり(_ *˘ω˘)_スヤァ…

8ヶ月から保育園に通いだし、3歳の時に引っ越しを経験しています。

 

そして、5歳の時に骨に病気が見つかった息子

子どもを病気で失う恐怖から来る、母としての自責の念と喪失感で、狂いそうになった日が懐かしいです。

 

”治る病気ではないけど、この病気は死なないよ!ママ”

 

今も通院しながらですが、こうやって20歳まで生きてくれたことに奇跡と感謝を感じます。

 

 

旦那さんは運動神経が良く足も速かったから、息子も運動制限がなければ、きっと何かのスポーツでトップ取ってたんだろうな…なんて思います。

 

そんな中、唯一、許された水泳。

 

小学校の時、地域の選抜に選ばれ大会に出場したり、スポーツクラブ内の大会では優勝してたので、私がもっとまともな足をつけてあげられてたらって…

ママのせいじゃないからそんな風に思うな!と言われてもそんなことが頭を過ります。

 

正式な泳力検定試験で、平泳ぎの正しい泳法を病気のせいで出来なかったため幻の成績になってしまいましたが、当時、実力的には1級合格できてたんじゃないかと思います。

水の中だけは自由!ほぼ同等の条件で他の子に挑めた彼。

楽しそうでしたし、よく頑張ってたなって思ってます!

 

 

運動制限のせいで、外を自由に駆け回れないので、家での時間を充実させるため、もともと興味のあったプログラミングを覚えようと小5でパソコンを手にしていました!

 

普段は何も欲しがらない孫が、急にどうしてもパソコンが欲しいって言い出して、祖父母が清水寺の舞台から飛び降りるような思いでパソコン買ってあげてました。

かわいい初孫なので、頑張っちゃったみたいです。

でもそのおかげで、買ってもらってすぐにプログラミングの基礎をマスターして、翌年の母の日に簡単なゲームを作って、プレゼントしてくれました( ◜ᴗ◝)

 

今もプログラミングの勉強を続け、先日、学校でホラーゲームを作ったって言ってました。私はホラゲー苦手なのでプレイはしていませんが、そのゲームのグラフィックを絵が得意な妹にオファーしていて、見た目だけですが、すごい怖そうでした(ヽ´ω`)

 

 

だから彼はゲームが得意な方です。全てが自由なゲームの世界。彼を縛るものは何もなく、飛んでも跳ねても、誰かを心配させたり病院の先生に怒られたりしません。笑

私も今年始めたAPEXというゲーム。その中のキャラクターで”オクタン”というレジェンドがいるのですが、息子はよく彼を使ってプレイします。

オクタンは、速く走ったり、飛び回ることに長けているキャラクター設定で、その移動の速さで敵を翻弄し勝利していくのですが、彼の操作するオクタンは、それは本当に自由で、なんか息子とダブってちょっとグッときてしまいます。

 

きっと本当はこんなふうに走り回りたかったよね…

 

この先の病気の進行状況によっては、本当に義足になってしまうかもしれない彼ですが、技術が進歩して、ゲームの如く自由に走り回れる何かが発明されたらいいな…と、切実に思ったりします。

 

 

とにかく楽しんで

なんだかんだありますが、とにかく『大人、始めました!』な彼😆

 

 

10代の時より制限がなくなるので自由かと思いきや、いろいろ背負うものが増えて意外とそうでもなかったり…

大人っていいな…そう言ってたけど、思ってたんと違う。

30代入るくらいまでは、そんなことを体感していく期間かなと思います。

 

いろんな壁や現実、知らなかった世界をいっぱい体験・発見して、この先の長〜い”大人生活”を精一杯楽しんでくれたらいいなとそう思います。

 

やりたいことが見つかって、毎日が充実して、そこに些細な幸せをそっと添えて…♪

そんな人生を送ってくれたら、母は幸せに思いますよ!

なるべく迷惑をかけないようにしますから、たま〜に、”かあさん元気か?”って振り返ってくれたら、さらに嬉しいな!😆

 

 

20歳、おめでとう!🥳

 

 

( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾