鰕野まこの日常

家族の日常やYouTube活動の情報発信

仕事と子ども、どっちが大事?

働くということ

私のTLにこんなツイートが流れてきました。

 

Vtuberをしているお母さんが

”子どもがかわいそう”

と言われびっくりしたというツイート

 

それを見て、私も

 

”あっ…それ私も言われた…”

 

毎日美味しいご飯を作って、教育や勉強に熱心で、良き親、女性側だと良き妻、良き母らしくいること、それ以外のことをしようとすると、必ずと言っていいほど何処からともなく降ってくるその言葉

 

”子どもがかわいそう”

 

ものすごく怖かったことを覚えています。

 

命をけずる思いで子どもを産み、毎日まともに安眠出来る日がないくらい神経過敏に過ごす中、少しの休憩のつもりでやったこと、生きていく上で必要だからとやったこと、その子どもに目を向けなかったその瞬間だけで、非情な人間として見られる恐怖。

この言葉で括られ卑下される瞬間の背筋が凍る思いは、いまだに悲しさが込み上げます。

 

たぶん、それを言ったりそういう意見に賛同する人たちは、まさか私がそんな思いで受け取ったとは思わないと思いますし、人格否定したつもりもないと思います。

”ただ僕はそう思っただけだよ!ただの個人的な意見さ!”って…

 

そう、私も、別に、”良い人”という括りに異常な執着があるわけではないです。

自分を完璧な人間だとも思っていませんから、優秀な人・ダメな人で分かれてくださいと言われたら、きっとダメな人の方に足が向くでしょう。

 

でも、あの頃の私は、可愛くて仕方ないのに思うようにならないツラいことも多い、この子育てというものに必死で、心に余裕のない、張り詰めた状態だったから、そんな些細な言葉で、深く悲しんでしまったんです。

 

 

 

 

私は、長男を出産して育児休暇を取得しましたが、保育園の入園は、4月入園を逃すと待機児童の多い地域だったため、途中での入園は絶望的な地域でした。

 

8月生まれの息子を4月に預けようとすると、1歳まで待っていられません。

育児休暇は1年しかないので、延長は認められないし、私も職場から長いこと離れることへの恐怖もあり、8ヶ月で預けることになります。

 

私の親も親戚もそんなことする人はほぼいない家系

友達も、出産が早かった私の周りは、まだ子どもがいません

 

--

医療従事者でもないのにそんなに早く子どもを預けて働くなんて、なんて鬼母!

子どものことかわいそうだと思わないの?

なんで仕事を辞められないの?

子どもと仕事どっちが大事なんだ!

オムツ取れるくらいまでは自分で面倒見ればいいのに…信じられない

--

 

他にもたくさん私が働くことに否定的な言葉をいっぱい貰いました。

 

私が仕事を辞められない理由は、簡単にいうと子どもを育てるためのお金が必要だからです。生きていくためです。

私には、自分の産んだ子どもを自分のお金で育てなきゃいけない事情があった。

簡単にいうとそんな感じです。

ほかの子育て中に働く親御さんたちも、いろんな事情があってその仕事にたどり着き、その仕事をするという選択肢を選ぶことになるんだと思います。

 

 

子育てと仕事の両立

世の中の働く親御さんのほとんどが苦悩する、子どもと仕事どっちが大事?

両方大事だから選べず苦悩するんですよね。

自分の体はひとつしかないし、みんなと同じように24時間しかもらえません。

神様はここだけは平等にしましたよね笑

 

体がふたつあったらな…

寝なくてよかったらな…

お金が湯水のように湧いて来たらな…

 

子どもが小さい時、こんなことを切実に思ったりして…笑

みんな考えることは同じでしょうか?!

 

でもそうはいかないから、寝る時間を削ったり、定時で帰れるように仕事の効率をあげて、家では出来るだけ子どもに寄り添って、そうやってずっとトップギアに入れっぱなしで過ごします。

悲壮感漂う親御さんもいますが、ほとんどの親御さんは、これを涼しげにこなしますよね。子育てってことに関しては、みんな大変さは同じです。

 

子どもの個性にもよりますけど、すごく手のかかる子もいれば、穏やかな子もいて、手のかかり方は千差万別でも、自分以外の人間の人生を背負うのはやっぱり大変なことなんです。

 

それに対しての言葉として、

 

”かわいそう”

 

そう投げる人たち

今思えば、『”かわいそう”って思ってあげた私って優しい』って自分に酔ってるだけなんだよなとか、自分が子どもの時に寂しい思いだけを押し付けられてしまった体験とかから来るのかな…とは、思いますけど…

 

虐待・暴力やネグレクトでもなく、ちゃんと子育てもし、その子に使うだろうお金を稼ぐために労働したそんな行為にかわいそうと発言する人たち

 

親ならこうあるべき

子育てしてるならこうするべき

 

Twitterやコメント欄という環境は、短い言葉でインパクトを持って表現することが求められるフィールドなので、自然と言葉足らずになりがちだったり、意図としない方向に解釈されてしまったりは日常茶飯事なのですが、こと、子育て中に親御さんにとって、その刃物に近い破壊力の言葉たちが、張り詰めた神経を簡単には元に戻せない程の勢いで切り裂いてしまうこともあるなと感じます。

 

それは効率が悪いと思うから、こうしたらいいと思うけどどうかな?

あなたの人生にこういった方法を取り入れてみたらどうだろう?

 

同じ声がけでも、寄り添いを感じるものであったらどんなに救われたかな

こんな風に話しかけられて、”でも、私…”なんて話の延長で、ちょっと愚痴聞いてもらえたり…

当時の自分を振り返ると、そうであったらなと思うことがたくさんあります。

 

今、まさに子育て真っ最中の親御さんが、自分の人生も大切にしながら、自分の思う子育て方法で、子育てを思いのまま出来たら良いなと切に感じた出来事でした。

 

 

♪(´ᵕ`๑)۶⁾⁾